2008年11月27日

更新しました。

11月27日

 お役立ち情報に「花粉症について」をアップしました。まだ花粉症の時期には早いですが、予備知識として覚えておきましょう。

2008年11月27日

花粉症について

 日頃、花粉症で鼻水、くしゃみになやんでいる患者様は多くいらっしゃいます。なんで急になったんだろうと疑問に思っているかもしれません。そこで、Q&A形式でいろいろな疑問にこたえたいと思います。

Q1 花粉症の正体ってなんですか?

 正体は花粉に対して人間の起こす異物反応です。体の免疫反応が、花粉に過剰に反応して症状としてでてくるのです。

 

Q2 花粉が目に入ったり、鼻に入るとどうして色々な症状がでてくるのですか?

 体が花粉を外に出そうとしたりして「くしゃみ」が、「鼻水」や「涙」で花粉を洗い流そうとしているのです。

 

Q3 スギ花粉は日本にしかないのですか?

 スギは日本特有の木です。スギは中国の一部にもありますが、その数は日本のそれに比べると少なく、問題になっているのは日本だけと考えてよいでしょう。

 

Q4 花粉の飛散量は年々増えているのですか?

 スギ花粉の飛散量は年によって大きく変動しますが、近年、戦後に植えられたスギが大きく成長し、潜在的な花粉生産能が高い状態になっています。また、気象の温暖化の影響で花粉は多く産生されるようになっているとも言われています。

 

Q5 花粉症と間違えやすい疾患は何ですか? 

 花粉症は季節的にも風邪が流行る時期に重なります。このため、発症の初期はくしゃみや鼻水などが同じ場合があります。また、急に悪化した鼻疾患たとえば慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などとの識別が必要になります。

 

Q6 花粉症になると口の中が痒くなることがあると言われたのですが、本当でしょう  

  か?

 口腔アレルギー症候群といわれ、別名「果実野菜過敏症」とも言われます。その名前にある通り、ある種の果物や野菜を食べると口の中がかゆくなるのです。多くはシラカバ花粉症の方に頻度が多いのですが、他のイネ科花粉症やスギ花粉症でも報告されています。最も多い果物はリンゴとサクランボです。

 

Q7 花粉症になりやすい人はどんな人ですか?

 花粉症以外のアレルギー疾患を持った人や家族の方が何らかのアレルギー疾患を持っている人は、それのない人に比べて、花粉症になりやすいと考えられています。

 

Q8 花粉症ではないのですが、花粉症にならないためにはどうすればいいでしょう

  か?

 体が大量の花粉に出会うと花粉に対する抗体を産生する可能性が高くなります。スギに対する抗体をたくさん産生すると、何らかのきっかけでスギ花粉症を発症しやすくなります。それまで軽症で症状に気付かなかった人も花粉をたくさん吸い込んだり、目に入ることで花粉症の症状が強くなります。したがって花粉にできるだけ接しないようにすることは重要なことなのです。重要アイテムとしてはマスク、めがね、帽子、うがい、洗顔などがあげられます。

 

Q9 花粉症の診断はどうやってするのですか?

 花粉症の診断の多くは、花粉飛散時の症状の有無と血液中の抗体の存在で診断されます。さらに耳鼻咽喉科では鼻の粘膜を直接みてアレルギーの反応を観察します。

 

Q10 早く治療するとどのようなメリットがあるのですか?

 花粉症の症状が起こり始めた初期では、鼻粘膜はまだ炎症が進んでおらず、この時期に治療を開始すれば、粘膜の炎症の進行をとめ、早く正常化することができます。そのため、花粉症が重症化しなくてすむのです。

 

Q11 花粉症の症状がでたらどの病院にいけばいいのでしょうか?

 ひどい鼻症状があるときは耳鼻咽喉科、目の症状がひどいときは眼科をお勧めしますが、内科、小児科、アレルギー科でも診察は受けられます。

 

Q12 花粉症がひどくならないためには、日ごろどのようなところを注意していれば良いのでしょうか?

 睡眠をよくとり、生活習慣を保つことは、体の免疫機能を正常に保つのに大変重要です。花の粘膜を正常に保つには、たばこを控えたり、お酒を飲みすぎに気をつけること、風邪をひかないことも大事です。

 

Q13 花粉症の季節でなくても花粉症の症状が出ることはありますか?

 スギ・ヒノキ花粉症は2~5月以外に10月から11月にごく少量の飛散があって軽い症状が出ることがあります。イネ科の花粉症は6月〜8月、ブタクサの花粉症では8月〜10月に症状がでますが、その他の季節で鼻の症状が出る時には花粉症以外の鼻炎も考えられます。

 

Q14 花粉症に効くといわれているものの効果を教えてください。

 

@    お茶:甜茶(てんちゃ)ポリフェノールはアレルギーで生じるヒスタミンの作用を和らげる効果があるといわれていますが、実際の患者さんでの効果は不明です。

A    ヨーグルト:腸内細菌を変化させると、体内の環境がアレルギーを抑えるようになると考えられています。しかし毎日食べるブルガリアの人でもアレルギーの病気はありますので、花粉症を完全に治すことは難しいかもしれません。

B    鼻の穴に塗るクリーム:鼻の穴に塗るクリームは薬効成分は入っていませんので、花粉症自体を治す効果はありませんが、花粉が粘膜にくっつく前にクリームがブロックする効果はあると考えられます。

C    衣類の静電防止スプレー:毛織物以外の衣服にはほとんど花粉はつきませんが、たとえば毛皮のコートなどにスプレーすることは効果が期待できます